最近の回転寿司店はカオス!の話

回転寿司
以前ほどではなくなりましたが週末の夕方過ぎになるとスシローなどの安い回転寿司店では駐車場待ち渋滞の列ができています。
子供がいる家族連れを中心に今でも人気がある回転寿司店。
回転寿司のメリット、お店側のメリットという側面の方が大きいのですが自分が頼んだもの以外のネタが目の前を常に流れていきます。
忘れていたネタ、特に食べたいと思っていなかったネタでも、目の前で見ることでつい手に取って食べてしまうことがあります。
お店が混雑している時の方が回っている皿の数が多いので、当初予定していた数よりもつい多く食べてしまうことが多いと思います。
食べる人がいるかどうかわからなくても見たら食べたくなって食べる可能性があるネタ、ロスになっても店にとってダメージの少ないネタ、何周もしてしまっても味が落ちにくいネタを多めに作って回しています。
サーモン系やネギトロ系のネタが無駄とも思えるくらい常に回っています。
声をかけて注文をするのが苦手な人でも、注文せずに食べられるところも良いと思います。
居酒屋などでもタッチパッドの端末を使って注文できるところが増えてきていますが、注文せずに目の前に食べたいものが流れてくるという回転寿司のシステムは、子供が楽しみながら食べることができるという大きなメリットがあります。
子供にとっては食事に行くということだけでなく、遊びに行くという気持ちで回転寿司店に行きたいと思っていると思います。
子供にとっては美味しいよりも楽しいが一番重要なので、回転寿司店は子供が楽しめるように、子供がまた来たいと思うような工夫をいっぱいしています。
安いというイメージの回転寿司店。
みんなどれくらいの枚数を食べ、どれくらいの金額を払っているのでしょうか。
回転寿司店の平均飲食代金は男性は1,697円、女性は1,342円。
寿司店での金額として考えると安く感じますが、男女2人の合計食事代が3千円。
純粋に食事代として考えるとあまり安い金額ではありません。
平日のランチであればこの金額でかなり美味しいものが食べられますし、夜であっても高級なお店でなければかなり選択肢が多いです。
高いネタは扱っていなかったり、扱っていても高いネタは食べない人が多いことが影響してか、人気ネタランキング上位の常連はサーモン、マグロの赤身、ハマチ、イカ、ネギトロという感じです。
平均9.3皿との統計があります。
男女2人で食べに行くと20皿で3千円くらいというのが回転寿司での平均的な食べ方。
100円と200円の皿を半分ずつくらいです。
このことを踏まえると人気ネタランキングの常連ネタは安いネタばかりであることに納得ができます。
回転寿司店を選ぶ時に重視している点は1位が美味しいお店、2位が値段の安いお店、3位がネタが新鮮なお店。
安くてもほどほどの味である回転寿司店があることは知っていますが、味の安定性を考えるとハズレで美味しくない日が多々あります。
このことから回転寿司店を選ぶ時に重視している点が美味しさであったことに驚きましたた。
一皿平均150円のネタを10皿食べて美味しいと思えるかどうか、なかなか難しいような気がします。
一皿300円のネタを10皿食べて3千円。
この金額を出してもそれほど美味しくないですし、コストパフォーマンスがかなり悪いと思います。
感覚的には1人4千円から5千円くらい出すと、美味しかった!と思えるものが食べられると思いますが、2人で1万円弱くらいの食事代。
美味しくてもこの金額ですと簡単に出せる金額ではないので、お皿の値段を見ながら安いネタを中心に食べることになってしまいます。
この食べ方は楽しくて幸せなのでしょうか。
最近は一時と比べると回転寿司店渋滞を見る機会が少なくなりました。
飽きられているのか、あまり美味しくなくてコストパフォーマンスが悪いことに気付かれている影響なのか。
飽きられていることを察してか回転寿司店のサイドメニューが最近充実してきています。
ラーメンだったりうどんだったり唐揚げだったり。
お寿司と全く関係のないサイドメニューが増えてきています。
味では勝負できないからサイドメニューの充実。
騙し騙しの商法は行き詰まりを感じます。
安いお寿司をと割り切って楽しむならコストコのお寿司が面白いと思います。
お寿司とし食べるのではなく、コストコのお寿司という新しいジャンルの料理として食べるとけっこう楽しめると思います。
海外で食べるいんちき寿司のような味ですが、鮨とは別料理と考えるとけっこういけます。
いろいろ考えながら書いていたのですが、平均的な金額を使っての回転寿司店は子供の欲望をかなえるため以外に行くメリットが感じられません。
コストパフォーマンスの良い回転寿司店であっても安いお店で安定性を確保するのは無理です。
おいしくない時があっても美味しいと思える寛容さがあるのか、気付いていないのか。
お酒を飲まずに食事だけで2人で3千円の食事。
もっと美味しいものがいっぱいあると思うのですが、みんな美味さはあまり関係なくお寿司が好きなのでしょうか。
今のところ破綻してしまう大手回転寿司店はないですが、今後の動向には注目したいです。

この記事を書いた人

山口 健一