請求書作成ソフトの決定版!の話


フリーランスの人で請求書作成が面倒で困っている人が多いと思います。市販の請求書作成ソフトは顧客情報や品目など、設定しなくてはいけない項目が多くて非常に使いにくいです。
請求書作成ソフトはエクセルに毛が生えた程度の簡単に見栄えの良いソフトを求めている人が多いにも関わらず、ソフト作成側はややこしいソフトばかり作っていたので長年簡単に使える請求書ソフトがない状態が続いてしました。
私のオススメ請求書作成クラウドサービスはMISOCAといういうサービスです。

請求書作成クラウドサービスMISOCAとは

昔は完全無料サービスだったのですがいつの頃からか原則として有料サービスとなってしまいました。無料サービスでスタートして、客が集まったところで有料サービスにするというお決まりのパターンです。
MISOCAのサイト
現在は全ての有料プランが1年間無料キャンペーン中ではありますが。有料プランと無料プラントの差は「請求書の郵送サービス」と「決済サービス」と「1ヶ月に作成可能の請求書の枚数」の違いです。
1番影響が大きいのは1ヶ月に作成可能な請求書の枚数の部分です。無料サービスの場合は5通まで、月額800円の場合は15通まで、月額3千円だと100通まで、月額1万円の場合は千通まで請求書を作成・発行することができます。
フリーランスとして仕事をしている人は取引先が少ないことが多いと思うので1ヶ月に5通までの無料プランで用が足りてしまうことが多いと思うます。シンプルでわかりやすいインターフェースと使い勝手なのでぜひ試してみてもらいたいです。
MISOCAのサービスの運営者、実は私はあまり好きではありません。無料でフル機能が使える時から使っているのですが有料の請求書郵送サービスを利用しました。このサービスは請求書を作成して、プリントアウトして自動で請求書をしてもらえるサービスです。
私は請求書のテンプレの中からグレーの請求書を選択していました。普通は自分が送った請求書を自分で見る機会というのはないのですが、私の仕事は会計コンサルトなので、毎月コンサル先に届く請求書をチェックしていたのです。
チェックをしていたら自分が送ったグレーである請求書がマゼンタがかったピンクでした。そのことをMISOCAに報告したのですが、対応は面倒なクレーマー扱いでした。
私は文句を言いたかったのではなく、現場では全く目視での確認をしていない!ので現場に軽くであっても目視で確認すべき!との意味でピンクになった請求書のことを連絡したのですが、超クレーマー扱いで無視されました。
グレーはいろいろなグレーがあり、という感じで・・・
私に色の説教をするのかー!ってかなり腹立ちましたが、MISOCAはそんな会社と面倒なので諦めました。そんな小さいことを言いたかったのではなく、私が今後も使っていくうえで困ってしまうから伝えたのですが完全無視でした。
その時の請求書や画像、メールのやり取りはしっかり残っていますので私が有名になったらガッツリ晒してしまいますからね!ヒドイ対応をしたのですから覚悟しておいてください。
というわけで請求書の郵送サービスは目視でのチェックをしていないこと、送った請求書がどんな状態かどうかを自分でチェックする機会はほとんどないことからこのサービスは利用しない方がいいです。面倒であっても自分でプリントアウトするか、PDF形式で送るのが正解です。
請求書の郵送サービスはオススメしませんが、それ以外の操作性やわかりやすなどは他の請求書作成ツールにはない簡単さと使い勝手は最高です。
取引先が1件だけと限定されているフリーランスの人は無料プランで問題なく使えますし、毎月6通以上15通以下であれば月額800円で利用することができます。
今まで簡単に使えるで請求書ソフト!という呼び声に騙されてきてしまった人にはぜひ試してもらいたい請求書作成サービスです。この簡単な操作と設定項目の少なさはとても楽で幸せです。
今は5通までが無料となっていますが、今後はさらに無料で使える範囲が狭くなっていくと思われます。請求書発行枚数が毎月5通以内のフリーランスの人にとっては最高のサービスだと思います。
請求書のことで困っていたり悩んでいる人はぜひMISOCAを試してもらいたいです!

この記事を書いた人

山口 健一