顔文字ってニュアンスを伝えるのに便利ですよね!の話

顔文字
皆さん顔文字って使いますか?
顔文字は微妙なニュアンスを伝えるのに便利ですよね。
怒っていると勘違いされてしまいそうな文章を柔らかい感じに変える効果、嬉しい気持ちや申し訳ないという気持ちをより大きく伝える効果。
時には顔文字だけで意図を伝えたり、LINEのスタンプだけで気持ちを伝えたりすることがあると思います。
プライベートのやり取りで顔文字を使うことは便利で有意義だと思います。
メール、LINEなどなど。
では仕事のやり取りではどうでしょうか。
さすがに文書のやり取りで顔文字を使う人はいないですが、仕事のメールやLINE、メッセンジャーに顔文字を使っている人いますよね。
ビジネスメールに顔文字を使っても良いか、許せるかどうかは賛否両論だと思いますが圧倒的に顔文字はダメだと思っている人、不愉快と感じる人が多いです。
何かの統計で見たことあるのですが、探してみたけどソース見つかりませんでした。
相変わらず統計探しが下手くそです。
私はビジネスメールに顔文字はなしだと思っています。
送られてきても不愉快というほど嫌な気持ちにはなりませんが、気持ち良くはないです。
ビジネスLINEは相手によりますかねぇ。
顔文字を使ってくる人に対しては顔文字を混ぜて返信する時があります。
顔文字を使いたいわけではないのですが、顔文字を完全否定しているわけではないということを伝えるために、たまに顔文字を使っているのかもしれません。
相手に媚びているのかもしれないですね。
これはどうして自分が顔文字を使うんだろうと考えてみて、今わかったことです。
そう考えるとなんだか嫌ですね。
今後はLINEでも顔文字使うのやめることにしました。
最初にも書きましたが顔文字を使う理由はニュアンスを伝えるため。
これは結局どういうことかと言うと、文章力不足ということだと思います。
文章力がなく、文章で表現できない部分を顔文字で補う。
文章で伝えることができれば顔文字なんて必要ありません。
プライベートでのやり取りには遊び心やただ単に楽しいという理由で顔文字やスタンプを使うのは良いと思いますが、ビジネスメールやビジネスLINEに顔文字を使うとうことは文章力のなさを認めてしまっていることと同意だと思います。
書いた文章を読み返すと自分の耳が痛いです。
ビジネスLINEは今後顔文字使わないようにしようと思いました。
ツイッターやフェイスブックはどうでしょうか。
仕事として使っている人と完全プライベートとして使っている人や仕事とプライベートが混ざっている人もいて、適切な括りをするのが難しいところです。
完全プライベートで使っている人は顔文字使おうと何をしようと、どうでも良いと思います。
遊びですから。
少しでも仕事を意識している場合はツイッターもフェイスブックも顔文字は使うべきではないと思います。
文章力のなさをさらけ出してしまうことだけでなく、不特定多数の人の目に触れることになるので顔文字の種類によっては不愉快な思いをする人が多いと思います。
人の外見も顔文字も理屈ではなく、拒否反応が起きたり嫌って思ってしまうことがあると思います。
顔文字のために良い内容のツイートに対して拒否反応をされてしまうのはもったいないと思います。
ツイート内容は好きですが、私の嫌いな顔文字を多用するので読むたびに嫌な気分になってしまうことがあります。
嫌な気分になりますが、ツイートは読みたいので我慢して読んでいます。
自分が嫌な気分になってからはツイッターもフェイスブックも顔文字を使うのをやめました。
今まで顔文字で誤魔化していたニュアンスの伝え方を文章で伝える。
かなり大変です。
試行錯誤を繰り返し、当初よりかは少しマシになってきたと自分では思っていますが、まだまだ微妙な意図やニュアンスを伝える文章を書くことができず、悔しい思いをしています。
顔文字ではないですがwと!だけは使い続けています。
できればwと!も使わずに伝えたいことを表現したいのですが今の私にはまだまだ力不足。
wと!だけは使わずに意図を伝えることができません。
なるべく早くwと!を使わずにツイッターとフェイスブックを使えるようになりたいと思っています。
ブログはどうでしょう。
私の場合、ブログは顔文字やwや!など文章以外のものは使いたいと思ったことがありません。
ブログで顔文字ってあまり見たことないような気がします。
文字制限のないブログで顔文字を使う必要はないと思いますし、使うべきではないと思います。
文字制限がないという意味ではフェイスブックも同じですが、文章量を読む覚悟がブログとフェイスブックとでは全然違い、ブログを読みにくる人はある程度長文を読む覚悟がある人が多く、書き手としても長文を読みたくない人が離脱するのは勝手に離脱してもらいたいと思っていることが多いと思います。
フェイスブックの場合、文字制限はありませんが長く詳細に伝えたいというより、できるだけ簡潔に意図を伝えたいと思うことが多いと思います。
フェイスブックの場合であっても顔文字に拒否反応がある人がいますし、顔文字に頼ると文章力が上がらないので顔文字使わない方が良いと思います。
なので私は顔文字使わないで書いていきたいと思っています。
プライベートLINEやメールのやり取りも含めて、顔文字は使わずに文章で表現することを意識することで文章力が上がっていくと思います。
顔文字を多用していた人は、顔文字全く使わずに文章だけで表現することをぜひ試してもらいたいです。
顔文字なしでニュアンスを表現すること、難しくてビックリすると思います。

この記事を書いた人

山口 健一

20年以上会計事務所で勤務し、20件以上の税務調査経験があります。

これだけの経験がある私だからこそ税理士との交渉をスムーズでわかりやすいものにするお手伝いをすることができます。

税務、法務、労務など会社経営に必要な全て業務知識を網羅しており、私が可能なことは私が対応をし、専門家に依頼すべきことは適切な専門家に依頼、仲介をすることができます。