株関係のアナリストはまともな神経じゃできない仕事!の話

株価
株も為替も上がっている時は今後も上がる、下がっている時は今後も下がると書けば良いだけの仕事です。ほとんど当たらないので苦情が非常に多いはずなので、そんな苦情に負けない精神力を備えている人が、そもそも当たるわけないだろって書いていると思うので、文句を言ってくる人に対してバカな人達だなと思っているのでしょう。
株などの記事は知識や分析力ではなく、普通ではない図太い神経があれば誰でもできる仕事、逆に知識や分析力がある人にはできない仕事です。知識や分析力がない人は記事を書き、能力のある人は記事など書きません。

本当のことはどこに書いてあるのか

本日2018年8月3日、日本屈指の実績を持つ金融トレーダーであるKAZMAXさんのオンラインサロン、KAZMAX Trader?s Salonが開設されました。1ヶ月3万円と一般的なオンラインサロンとしては高額であるにも関わらずサロンメンバーは1,500人を超えています。
私は株取引はやりませんが、本気で株取引をするのであれば日経の記事やその辺で売っている雑誌の記事や簡単に拾ってこれる書きものを参考にせず、これくらいはお金払わないと有意義な情報は手に入りません。月額3万円は安いと思います。だからこそ1日でこれだけのメンバーが集まったのだと思います。
株に興味を持っている方はぜひKAZMAXさんのオンラインサロン、KAZMAX Trader?s Salonをチェックしてみてください。オススメです!

禁煙店を増やした串カツ田中の7月の月次報告

本日は禁煙店を85%程度までに増やした串カツ田中の7月の月次報告がありました。結果は既存店売上高101.9%、客数104.1%、客単価97.9%でした。客単価の減少は続きましたが売上高が上昇に転じ、客数増加率はさらに増しています。
客単価の減少は家族連れが増え、子供が増えた影響なので想定内のことであり、当たり前のことです。売上高が前年同月を上まわったことは大きく評価すべき点だと思います。
串カツ田中の7月の月次報告
串カツ田中の月次報告に対して客数が増えたことはサプライズとの記事を書いているアナリストがいるらしいです。マクドナルドが全店禁煙にした時も批判的なことを書いていた人なのではないでしょうか。喫煙者と非喫煙者のことを全く理解していない人です。このような人が飲食店の株価について記事を書いているというのが現状。レベルの低さはサイコロと同程度です。
禁煙店が増えたことで今まで来なかった人達、行きたいと思っていなかった家族連れが増えるのは当然のことです。客数が増えて客単価が減っていることからも家族連れが増えていることは間違いありません。
喫煙者であるアナリストは客単価が減っている原因を喫煙者の客が減ったから、喫煙者が長居することができなくなったからと書くと思います。

今後の串カツ田中への期待

85%程度である完全禁煙店をもっと増やしてもらいたいですし、禁煙店にして客層を入れ替えることにより客質が良くなり、利益も大きくなることを証明してもらいたいです。
マクドナルドが全面禁煙にすることでそのことを証明したはずなのですが、記事を書く人に喫煙者が極端に多いからなのでしょうか、そのことがしっかりとした記事になっていたり、ダメな記者が前線から退くことがなく書き続けているので、禁煙店にすることで利益が出ることが一般的に認知されていない状態が続いてしまっています。

串カツ田中と鳥貴族

禁煙店が多数を占める串カツ田中と喫煙店が多くを占める鳥貴族。単純に比較をすることはできませんが激安であることと、ターゲットが非喫煙者か喫煙者であるかという違いがあることから業績に注目しています。
激安店であり、喫煙者をターゲットとしてる鳥貴族は非常に厳しい状況が続くと思っています。激安を売りにして、喫煙者をターゲットにしていると1品18円の値上げをするだけで大ダメージをくらってしまうことになります。激安を求める喫煙者というのは一番ターゲットにしてはいけない層だと思います。
鳥貴族が1品18円の値上げで苦戦・この層を狙った商売に旨味はあるのか?の話
そんなこんなもあり、今後の串カツ田中と鳥貴族の業績には要注目です。

この記事を書いた人

山口 健一