クソリプを送る人!の話


クソリプの話については以前にも書きました。
クソリプ吐くより顔見て毒を吐きたい!の話
この時は匿名性を利用して(実はネットに匿名性などないので勘違いをしている人達)罵詈雑言を吐く人達、実際に会って相手の顔や目を見て言うことができない汚い言葉や強い言葉を言う人のことについて書きました。
今回は別の視点から!
クソリプと言えばツイッターです。後はブログのコメント欄やBLOGOS(ブロゴス)のコメント欄、ヤフーニュースのコメント欄もも酷いことになっていますね。
フェイブックのコメントは実名でのやり取りが多いので上記サイトと比べると便所の落書き的な書き込みは少ないですが、顔写真を載せていない人は暴言傾向が多いです。

なぜクソリプを飛ばすのか

自己顕示欲の現れでしょうね。書き込み先よりも自分の方が優れているということを伝えたいのでしょう。しかしクソリプを飛ばしてしまうこと、そんな内容を書きたくなってしまう時点で能力がないということなのではないでしょうか。
自分のテリトリーに勝手に書き込まれたことに対しての怒りならわかります。自分のフェイスブックのタイムラインやブログのコメント欄に勝手に長々と意に沿わないことを書かれたら誰でも不愉快な気持ちになります。
しかしツイッターやフェイスブックなどは自分で勝手にフォローしておいて、流れてきた内容が気にくわないと文句を言ったり、自分で他人のブログを読みにいって勝手に不愉快になり文句を書く。バカですよね。
書かれている内容に関して気にくわない部分があり、そのことに関して論理的に質問をするならわかります。でも勝手に読んでおいて暴言を吐く、それも論理的ではない意味不明な暴言。ツイッターとヤフーニュースのコメント、BLOGOS(ブロゴス)のコメント欄はそんな意味のない文章が溢れかえっています。
人の考え方は人それぞれなので自分の意に沿わない書きものも沢山あり、意に沿わない書きものや書き込みの方が多いのが普通のことだと思います。そんな書き込みに対してはクソリプを飛ばすのではなく、ツイッターやフェイスブックなどであればフォローを解除する、ブログや、BLOGOS(ブロゴス)やヤフーニュースであれば読みにいかなければ良いだけのこと。
自分のテリトリーに勝手に書き込まれたことではないのにクソリプを飛ばす心境は私には全く理解できません。間違いの指摘や違う考え方を示してくれたり、疑問やおかしな部分を問いただすような書き込みは意味があると思いますしありがたいと思います。そのような書き込みに対して私は真摯に返事を書いています。
しかし基本的にクソリプを飛ばす人は暇で努力不足な人であることは間違いないと思っています。

私も今日クソリプ書きました!

と、偉そうなことを書きましたが私も他人のフェイスブックコメント欄に嫌な気分にさせるようなことを書き込みしました。
最近あったこのような炎上事象。
国会で穴見陽一議員が肺ガン患者に暴言ヤジを飛ばし大炎上!の話
国会議員である穴見陽一氏が暴言ヤジを何度も飛ばし、さらに暴言ヤジに対しての謝罪文が酷い内容でさらに大炎上。穴見陽一氏のフェイスブックの謝罪文に対してコメントを書きました。

「参考人のご発言を妨害するような意図は全くなく、喫煙者を必要以上に差別すべきではないという想いで呟いたものです。」との言葉、本気で言っているのでしょうか。謝って済む問題ではありませんが、どうして本当のことを言ってごめんなさいをすることができないのでしょうか。嘘偽りのある言葉を発していた方が得だとお考えですか?ヤジも許されないことだと思いますが、嘘偽りの可能性が非常に高いこの謝罪文を読み、絶対に国家議員を辞めてもらいたいと思いました。ちゃんと正直に謝罪して辞めてください。

と書き込みをしました。
この内容の書き込みは一般の人のツイートやフェイスブック、ブログを読んでの書き込みの場合は最低なクソリプだと思いますが、公人である国会議員の行為と謝罪に対するコメントなので、これは完全に別物だと思っています。
この違いわかりますでしょうか。この違いがわかるくらいなら最初からクソリプ飛ばさないので書いても意味ないと思いながらもネタとして書きましたw

この記事を書いた人

山口 健一